勝浦担々麺:江ざわ

ラーメン

並びが激しすぎて食べられないのがほとんど、、、

釣りで千葉県勝浦によく行く。2021年秋~冬にかけては、ほぼ毎週行っている。
行くたびに、いつも思う。

「今日は食べられるかな、、、」

勝浦担々麵の名店「江ざわ」である。

自分が行く時ってほとんどが営業時間外、だから店はやっていない。
たまに営業時間内に行けることはあるが、だいたいが激並びで諦める。

そんなケースばかりではあるのだが、勝浦に行ったときにはマメに店の様子を見に行っていた。

そして、12月18日 16:30頃、その日もいつも通り店の様子を見に行ったのだ。

初「江ざわ」

駐車場には1台しか車が止まっていない。のれん、も、出ている。

(写真は帰りに撮ったので「のれん」は外されていました)

店に入ると「いらっしゃいませ!」の掛け声。

おお!入れたわ。。。

なんでも「江ざわ」は最初は勝浦で営業し、一時期、鴨川に移転し、再度、勝浦に移転し現在に至っているらしい。

店内はこんな雰囲気。

ま、普通のラーメン屋です。

芸能人の色紙が沢山掲示されている。誰の色紙かは全然わからんが。。。

卓上の調味料各種。
コショー、一味唐辛子、ソース?のみしかない。
どうやら、この調味料は餃子は想定されていないようだ。

そしてメニューである。

色々なラーメン屋を見てきたが、相場感的には高いね。

ラーメンだけ見ると550円でこれは安いが、注文する人はほとんどいないだろう。

そう考えると標準メニューは担々麺なんだと思う。これが基準で880円はけっこうな価格。

ここから、「上」があったり、「チャーシュー」があったりで価格上乗せか。

一方、ライスは220円。ミニ丼は390円か、この辺は普通かな。

で、注文だが、もつ担々と迷うが、ここは、、、

チャーシュー担々麺+ライス

にしました。

着丼

10分位で着丼。

なるほど、チャーシューは立派なものが出てきましたね。

かなり分厚い!!!それが4枚。バラロールです。

味もよく染みていて絶妙です。

麺は黄色味が強い細いウェーブの麺。ちょっと柔らかめでした。

具はネギ、白髪ねぎが大量、タマネギ、挽肉という所。

あまり大量のラー油を感じません。

むしろラー油は少ないかな、、、、全然辛くない。ほとんど普通で香りづけ程度にしか感じない。

スープの味付けはスタンダードな醤油味。ここにラー油が香りづけで入っているという程度。

思ったより辛くない。

以前「てっぱつや」に行ったときは、その辛さヤバいレベルだったが、ここのは全然辛くないので、辛いのが苦手な人も普通に食べられると思う。

メニューに「中辛」とかあるから、辛いのはそっからなのかもね。

あまり極端な味ではなく、普通に旨い醤油ラーメンでした。

お値段的にはけっこう高めですが観光地価格ということで、こんなものでしょう、と思います。

次回行ったら「とんとん麺」とか食べてみたいですね。(なんだか全然想像もつかないから)

反省

食事するのに反省もなにもないものだが、、、

普段、「江ざわ」は激並びだそうです。1時間、2時間待ちは当たり前なのだとか。

今回は、16時半という時間帯であったこと、閉店直前だったというのが幸いして普通に誰もいない店に入れた、というのがラッキーでした。(先客はファミリーが1組のみ)

営業時間は、何時開始かは知りませんが、閉店は18時までのようですが、具材が無くなり次第閉店ということなので、自分がラストの客で、「のれん」が仕舞われてしまいました。

この「16時半に行った」というのが中途半端な時間帯でよかったのかもしれません。

これまで激並びを見て諦めていた人は是非参考にしてください。

確かに旨いですよ!!!

関東ラーメン食べ歩き 人気ブログランキング - グルメブログ
関東ラーメン食べ歩きブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料) - グルメブログ

関東釣行記 人気ブログランキング - 釣りブログ
関東釣行記ブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料) - 釣りブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村

デハデハ

コメント

タイトルとURLをコピーしました