房総半島釣行記

外房ランガン;天気は西風強風予報、それでもアジングは一部で成立していた。。。

西風強風でも外房なら釣りが出来る!この事実はけっこう重要と思っています。アジングができるんだから楽しいですよね。でもやっぱどこでも横風を感じますので神ぐとしてはやりづらい事に間違いはありません。今回もあまり数を釣ることは出来ませんでしたが、もう少し色々な場所での経験を積むとアジもたくさん釣れることでしょう。
房総半島釣行記

外房ランガン:秋の大潮、夜中は潮位が低い!!浅すぎて釣れないのか?

大潮の夜は潮位が浅くなります。日没頃に満潮、翌朝日の出頃に再度満潮、21時頃から3時位まではちょぅおいが低すぎて釣りになりません。そういう部分を計算して、干潮でも十分に水深がある所を釣り場に選びたいものです。そうなるとやはり外房は不利なのかなぁ。。。
タックル

Night Surround Vision 実戦配備

さて、夜釣りの悩みは一体何か?それはラインが見えない事だ、と自分は思っています。年寄りにはアジングのラインは、まぁ見えないものなんですよ。細いからねぇ。で、そんな悩みを解決してくれるガジェットがどうやらあるようだ、ということで早速入手しました。ご覧あれ!!
タックル

ド素人がアジングを語る、第2弾!今回はフックとワーム

アジングで「釣れるための要素」はいくつもあります。お隣さんはバカスカ釣っても自分は全然釣れない、なんてのが普通にあるのがアジングの世界。アジがいるレンジに確実にワームを送り込めばおそらくは釣れるでしょう。そのためにも自分が使うタックルの特性よく理解しておきたいものです。
房総半島釣行記

外房アジング:勝浦エリアで数も釣れて、良いサイズ!再現性のある満足感の高いアジングができた!

場所は伏せていますが写真見たらバレバレですね。まぁ隠す気は全然ありません。いつもの勝浦の漁港です。常夜灯が効く場所は、アジが集まる、回遊が来る。まさしくセオリー通りの場所で確実に釣れてくれました。しかもサイズがいい!ここで20センチオーバーが安定して一晩釣れるのは珍しいと思う。
房総半島釣行記

内房、南房:一晩中ランガンし全然釣れなくても、最後に1匹釣れれば気分は大勝利さ!って感じ。

内房、南房ランガンし一晩中、釣れない釣りに明け暮れた。しかし帰りに寄った某堤防で一発hit!!イカが釣れてくれました。一晩のランガンは非常に疲れましたがこの1杯で疲れは吹っ飛びましたね。やっぱ釣れると嬉しいものです。たまにはエギングもやるべきだなぁ。
房総半島釣行記

実は先週も行きましたが、やっぱ外房が楽しい!F1タチウオが今年もやってきたぞ!

前年の11月はF1タチウオがけっこう釣れたんですよね。で、今年も釣れるかな?って期待がある訳です。まぁ、アジングの延長のF1タチウオですから引きはたいしかことないんですが、唐揚げにして食べるとけっこう旨いんですわ。アジングもこの秋は悶絶アジングでバンバン釣れるアジングじゃないんですよねぇ。。。
房総半島釣行記

外房巡回から最後は例の富津へ、、、色んな魚が釣れたは釣れたが、持ち帰りには至らず、、、

今回も前回同様に勝浦から入り、鴨川を経由して今回は富津に抜けました。まぁ富津岬は思っていたほど釣れていない感じ。でも岬先端の先には頻繁ニナブラが起こり、そこを狙える人たちはかなり楽しめたんじゃないかな。でもそのナブラはこっちにはこないです。ちなみに勝浦、鴨川とアジは全然釣れません。
房総半島釣行記

週末房総半島釣り巡回_最後にドラマが、、、なかったんですけどね。

夜中のアジングは全然ダメでした。まだまだ修行が足らないようです。でも朝方にけっこうイカした情報が入ってきて、その情報を頼りに行ってみたら、確かにそこにはワラサがいました!今回はキャッチできませんでしたが、次回は辛なず釣る!!!!
小岩ラーメン

小岩ラーメン:九州豚骨 ちゃんぽん 頃場:再開発で消えてしまう店

九州ラーメン「頃場」、小岩で唯一残った九州ラーメンの店。その店も再開発で閉店してしまう事が確定模様です。実に寂しいですが、自分らに出来ることは、「食べに行く事」だけですね。今回、食べに行きましたが、もう1回位は行きたいなぁ。
タイトルとURLをコピーしました