内房、南房:一晩中ランガンし全然釣れなくても、最後に1匹釣れれば気分は大勝利さ!って感じ。

房総半島釣行記

出撃

5日夕方、17時半過ぎ、出発のための用意をする。
今回は、内房で釣りをやる。

内房の釣り、大嫌い。

全然釣れないんだもん。。。。。

(自分では)アジもイカも釣れないんだわ。

だから、もうほとんど行かなくなった。
それにコストパフォーマンスが悪い。

どうしても内房方面だと竹岡か保田辺りまでは時間節約で高速に乗ってしまう。

平日、値引き無しなので片道2000円以上。
帰りはだいたい木更津南から乗る。帰りは休日割引なので1300円位。

毎週だと地味にこの出費は痛いんだわ。

でも20時頃にはだいたい目的地周辺にいるんですけどね。

外房勝浦だと、東金道路に入って大宮でだいたい降りる。そっから下道で行くことに慣れた。

それで到着は20時半位かな。。。

で、帰りは、オール下道で帰ることもある。

何故か、内房では下道を走りたくない、というより走りにくいんだよなぁ。なんでだろ?

内房ランガン

で、20時頃、萩●港についた。

内房はどうも釣り禁止とか、イカ禁漁とか、けっこうルールが目まぐるしく変わってきているので、一応、用心で場所は書かない。(ほとぼりが冷めたらどっかで書きます。)

とりあえず常夜灯の下でアジング、エギングを両方投げてみた。

まぁ、全然ケもないですよ。

そのうち、アジンガーがやってきて少し話をする。

なんでも先週はけっこうアジが釣れたんだそうだ。

「へ~~~~~」やっぱ、いろいろ話すべきですね。

自分が先行者なので粘っても良かったが、ここはお譲りして次に行こう。

で、次は●●●に行った。3文字の場所、3文字の場所は3か所位あるかな。。。どっかです。

けっこう車から歩かされる。ここではエギオンリー。

ロッド1本にバケツにエギバッグ、タモもって移動。

ついてビックリ!

辺り一面ベイトだらけ。

「これはイケるか!」と思うが全然イカの反応なし。

ここでけっこうネバったが結局当たりなし。

なお最後までベイトは散らなかった。

シーバスルアーを取りに戻るには面倒すぎたので、後ろ髪ひかれながら移動。

しばらく走り、南房エリアに入る。

で、例によって砂置き場を見に行く。珍しく人が少ない。タチウオ釣れていないんだろうな。
30分位、浮かんでいる電気浮きを眺めていたが、当たりは無さそうだったわ。

南房ランガン

以前通っていた香堤防を見に行った。相変わらずロープが張られていましたね。
コロナは明けたが、もうここは釣りできないんだろうな、と思う。

で、途中の常夜灯がある港でアジングでキャスト。

ぴくん!とHIT。

ん?フッキングしましたよ。。。。

形は金魚、色はクロソイ。って感じの魚。
まぁ、どうでもいい。だって6~7センチ位の大きさなんだもん。

即、リリース。

偵察も兼ねるので、更に色々な港をまわる。

今回は濁っていて全然ダメだたが、水色が良ければすっげーアジングができそうな所も見つけた。

こっち方面に来たら巡回ルートに入れようって感じ。

で、時刻はAM3時になる。そろそろ落ち着こう。。。。

サーフ

いつものサーフの駐車場で休憩。少し寝る。・・・根本海岸じゃん

AM5時半。例のヒップウェーダーを履き出撃。
やっぱ片足ずつだと履きやすい、移動しやすい。これはいい!!と思った。

で、ここでもベイトだらけ。

ルアー投げるたびにベイトが跳ねる。

遠目で先にいるルアーマンが何か釣ったみたいだ。

いくらベイトがいても、ヒラメは喰ってくれない。

AM7時過ぎまで打ち込んだが、全く当たりなし。

あらゆるルアーを投げた感じ。

ま、ダメなときはそういうものか。。。。。

で、ヒップウェーダですが、ハイチェストの感覚で大波をよけずに無視してくらっていたら下半身ビショビショになってしまった。

そうだった。。。。ヒップウェーダーだったんだよね。

ちょっと大波がくると、全然ダメですね。(当然のこと。。。)

で、ほぼ両足がビショビショになり、ここを引き上げる。
ここで釣れなかったから、今日は終わりだ。

まぁ、そう言う時もあるさ、、、ということで後は帰るだけと思っていた。

大逆転!!!

冒頭でコスト節約のため、帰りは木更津南から高速に乗っているなんて書いていた。
今回もそれは同じ。

あっちこっちで釣り場の様子をみて帰るかな、と思いつつ、

時刻はAM8時、普段はめったに行かない●●●●へ行く。・・・龍

ここに行かない理由はハッキリしていて、釣れるのは先端に集中している為、先端はまず空いていないからだ。

で、やれるか、やれないかはともかく、エギングタックルとエギ、メタルジグを準備し先端へ向かう。

ちょうど良いタイミングだったのか左側ほぼ先端に入れた。

周りは皆メタルジグを投げている。おそらくここ最近のターゲットは青物系なんだろう。

で、そんな中1人でエギを投げている雰囲気だったが、数投目、、、、

シャクってズル引きをしているとエギが止まる。

何かにぶつかったか、、、あるいは、、、、

5秒様子を見て、「うりゃ!!」と合わせる!

ズッシリとした重みとグイーン、グイーンという引き味

イカキタキタキタキタ━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━!!

タモを用意しておいて良かったぜ!!

キスマークがいくらか見えるのでモンゴウイカですかね。。。。

ロッド:ダイワ:エメラルダスST-86ML

リール:ダイワ:10セルテート ハイギヤカスタム2506H

ライン:ラピノヴァ0.6号

エギ:3号で、見ての通り(多分ダイワのラトル入りだと思う)

釣果:モンゴウイカ:胴長20センチ

まぁ、この時期にしては、けっこうデカくて重いのでタモ使いました。

で、ここから更に2時間ネバったのですが続かないのはお約束。

この釣果を見て周りが一斉にメタルジグからエギに変わりましたが、自分がいた間は他の人の釣れているシーンを目撃には至りませんでした。

AM10時、もうこの1杯で気分がイッキにルンルンなので、悔いも無く撤収です。

一晩中、釣れませんでしたが最後に一発釣り上げることが出来て幸せですわ。。。。

反省

今回、アジング中心に内房から南房を巡回し、それなりに次回に打ち込みたい場所も探索できたため、まずはヨシという感じです。
サーフは、まぁ仕方ない。自分のサーフの釣りは慣れも無いし、攻めるべき部分もわかっていない、更にはサーフ用のルアーもほとんど持っていないので仕方ないですね。

ちなみにサーフで投げていたのは

created by Rinker
¥1,771 (2021/12/02 22:45:51時点 楽天市場調べ-詳細)

これと、数年前の正月のセ-ルで買ったヒラメ用ルアー各種。

まぁ多少の追い風でしたが、ドーバー99Fは飛行姿勢が良くてかなり飛ぶのがわかった。

あとはワーム類。。。

まぁ、全然当たりもありませんでしたよ。

最後のエギングはナス錘の1.5号を仕込んで投げている所がコウイカ狙いを象徴しています。

アオリイカは全然眼中になかった。単にラッキーなだけではありますけどね。

さて、、、

こうなると次回も内房から南房を廻りたいですね。

夜中にベイトだらけというのもシーバスルアーを用意しておくべきだったし、サーフでもヒラメ用の大型ミノーをもっと用意しておくべきでした。

ま、天候次第ですが秋は短いので行けるときは行きますよ!!!

関東釣行記 人気ブログランキング - 釣りブログ
関東釣行記ブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料) - 釣りブログ

デハデハ

コメント

タイトルとURLをコピーしました