勝浦アジング:ガンガン釣れてサイズも良い!釣果を左右する重要なのは「立ち位置」だけ!

房総半島釣行記

出撃

12月である。冬だ。実に寒い。
西高東低の冬型の気圧配置で西風強風はここ数週間変わらない。

今回も西風強風予報だ。
でも、これまでも散々書いたが、勝浦ー鴨川は風裏になるからアジングができる。

そう確信しているから今回も房総半島全体としては決して条件は良くないが外房なら行く気がおきる。

18時、小岩を出発、相変わらず大宮ICで高速を降りて下道を行く。

今回は実験的な試みを行う。

実験的試み

まず一つは

全然、実験的な試みではない。

単なるダイソー水くみバケツ。
これ、実に優れモノ。メッシュの蓋がついていて釣った魚を猫の襲撃から確実に守ってくれる。

これがなんと500円。まぁ上〇屋にキャスは涙目ですね。

だって6メートルのロープまで付いていてロープを纏めるプラのハンドルまで付いているんですから。絶対これ買うわ。あとはファスナーの持ちだけが心配ですね。

実験的な、試みはこれ。

ただのベストです。

でも電熱で暖かいヒーターベストです。

モバイルバッテリーをエネルギーにして電熱で暖かくなります。
家で試したときには暑いくらいになりました。

さて、実際に釣り場へ導入です。

ちなみに、モバイルバッテリー10000mAhでフルパワーで概ね5時間だそうです。
自分は、この10000mAhのバッテリーは3つ持っているので一晩はフルパワーでも余裕です。

そして。。。。

アジスプ作りました。

以前からアジスプは時々試していたのですが、ちゃんとゼスタのWEBを見て可能な限り再現してみたのですが、全然「なんちゃってアジスプ」です。

自動ハリス止めは賛否がありますね。

ま、今回はこういうのを導入、お試しという意味で事件的試みな訳です。

岩船漁港

堤防先端には常夜灯があります。
今回、誰もいなかったので先端に入れました。

しか~し!!海面激濁り、大波で激流。そして前回同様、常夜灯の明かりの中はフグ風呂。

でも海面でパチャパチャ何かが跳ねています。

自分はフグ!と思っていて実際にフグが釣れた訳ですが、後から来た人はセイゴを釣り上げ、どうやらセイゴが正解のようでした。

ここでアジスプを投入し大遠投するものの大波に激流でボトムを取ることもかなわず、アジスプは激流だとボトムとれませんわ。テンションかけているだけで浮いちゃうし。。。

1時間ほど頑張りましたがアジの気配を感じる事ができなかった事もあり早々に移動です。

勝浦港へ

いつもなら巡回として岩和田に行くのですが西風強風の時は岩和田は風裏にならず全然ダメなので、今回はパス。直接、勝浦漁港へ向かいます。

今回は、いつも係留されている船が一艇無かったこともあり、ストロングポイントの角付近に入れました。

そして最初の1投目で、、、、

いいねぇ、幸先いいねぇ。。。。

ロッド:BREADEN TREVALISM KABIN 410CS-tip
リール:シマノ ソアレCI4 2000PGS
ライン:エステル:0.2号
ルアー:ジグヘッドはアジスタ0.6g
ワーム:レインズのチビキャロスワンプ(クリアラメ)

時刻は22時頃、サイズは18センチくらいでした。

ま、アジがいる、とわかったのでここで頑張ります。

角にいる先行者の方が引き上げたので代わりに入ります。

ここからアジの猛ラッシュ!!!

これは23センチ位。最初の18センチが一番小さい。

最初のが22時頃で角に入ったのが1時過ぎでした。ここまで7匹位釣れていたのですが、
ここから4時近くまで20匹以上釣れました。

まぁ1投げ1匹という訳にはいきませんが5投1匹位のペースかな、って感じです。
特に2時半過ぎ位から連荘が多く、常夜灯の光の当たるエリアは、周りも皆さん釣れていました。

自分は今回全部で30匹位釣れましたが、最後は目測20センチ以下はポンポンとリリースしています。

今回の勝浦は、西風は吹いていましたがほとんどが弱風でアジングがやりづらいということは全くありません。

レンジは、ほぼボトムで着底後に軽くシャクってジグヘッドを持ち上げ、ゆっくりとサビく感じでクン!と当たりが来るのが定番です。

3時半ごろからアジスプも投入し、アジスプでも3匹ほど釣ることが出来ました。

2匹はキャスト後のフォール中(アジスプはキャスト後即テンションフォールする)に喰い付きアジの活性の高さが伺えました。

アジスプの難点は、自動ハリス止めを使っていますが、大きいアジがかかると0.8号のハリスが耐えられずハリスブレイクが2回ありました。
ここは自動ハリス止めより、ちゃんと結束するべきでしたね。

反省

勝浦港は常夜灯があります。今回はけっこう混んでいて漁協の奥の真っ暗な方まで電気ウキの遠投サビキの方でビッシリでした。

あくまで自分の周辺でしかわかりませんが、終夜、常夜灯の効かない暗い所は釣れている雰囲気は全然感じません。

先にも書きましたが、いつもは停泊している船が 一艇 いなかったこともあり、常夜灯が効いている所で打てる人がけっこういまして、彼らはコマセサビキ、アジングに関わらず皆、ポツポツと釣れていました。自分は角なので常夜灯が効いているところと影になるところの切れ目にいたのですが、ここが勝浦港の一番のストロングポイントと思っています。

行っても空いている事はほぼ無いのですが一晩中塞がることも、あまり無いので入れ替わりで入れればラッキーかと思います。(観察している限り、全然釣れないで引き上げるか、釣りすぎてキープ量を超えて引き上げるか、の、どちらかの感じ。)

今回は、そのストロングポイントに自分の身を置けたので結果として「釣れた」ということです。

締めのラーメン

行きましたよ。ここ、、、、、

ラーメンショップ_山倉坂下店

いつも外房の帰りは、大多喜街道を千葉方面へ走る訳ですが、いつもこの店は朝っぱらから混んでいて時には朝から「並び」が入っているんです。

なんか「ラーメンショップ」自体がブームにもなっているようですが、今回は珍しく寄らせていただきました。なんでも「ネギチャーシューメン」が大人気なんですよね。

店内は満席。自分が入って満席になりました。混んでいるなぁ。

注文は「ラーメン全部乗せ+ネギライス」

ネギライス。サービスの漬物を乗せています。

これはいわゆる白髪ねぎに醤油系のタレとゴマ油をあえているのかな?実に香り高くて旨いです。

ちょっとご飯が少ないけど。。。。

全部乗せです。見ての通り、チャーシュー4枚、味玉、メンマ、ネギ(ネギライスのネギと同じ味付け)、わかめ、海苔が8枚?

まぁ盛り沢山です。

スープは、いわゆる醤油トンコツ。ただ家系のようなコテコテではなく、あっさり系です。

くどくないので飲みやすいです。卓上にはニンニクと豆板醤があり、味変できるのは家系同様です。

麺は中太麺のストレートかウェーブか、縮れは感じませんでした。
ちなみに特に指定はしなかったのですが、かなり麺は柔らかめになっていました。また背油は浮いていませんね。これはどっかでコールすることが出来た模様です。

まぁ朝から食べるにはパワーありすぎですわ。。。。

裁きの刻

今回の持ち帰りはアジ:22匹です。

上の写真の左上が一番デカく、25.5センチありました。

25センチはデカいですがエステル0.2号で余裕で抜けるのだからたいしたサイズでは無いのでしょう。

以下、持ち帰りの中で最小は18センチ位です。

デカいの上から4匹は、干物製造。その次のサイズが3匹を塩焼き用、それ以外は全て3枚下ろしにして、刺身か天ぷらあるいはフライにして頂くとしましょう。

20匹を超えると捌くのは面倒になるなぁ、次回から持ち帰りは7匹位にするとしよう。

反省2

アジスプについて今回の感想です。


ハリスブレイクは書いたので、実際に何回かキャストしていると必ずハリスがスプーンに絡まることがしばしばあります。

ゼスタのWEBを見ると着水直前にサミングするとか、着水即テンションフォールするとかは、全てハリスの絡まり防止に繋がっています。

慣れると、いくぶんハリスの絡まり確率は下げられるようです。

スプーンはモノによって浮きやすい、浮きにくいがありますが、浮きやすい方がスローリトリーブできるので向いていると思われます。

HITも数回ありましたが、ラインがエステルの0.3号ということもあり、思い切ってキャストできないとかHITしても思いっきり引けないとかあったので、アジスプの場合はPEの方がいいかな、とか感じています。

あと、ヒーターベストですが、お値段は4000円弱です。普通郵便でポスト投函の商品です。
当然メイドインチャイナでしょうなので、確実なる動作が期待しちゃいかんのかもしれませんが、家でのテスト動作は問題なかったものの、釣り場では最初電源が入らず役立たずでした。

そのうち電源も入り、ヒーターベストの暖かさを感じましたが、まぁ寒い中にいるとあまり暖かさを感じなかったですね。でも首回りは非常に暖かさを感じました。

気休めかもしれませんが、こういうものの導入もけっこう良いかもしれません。

関東釣行記 人気ブログランキング - 釣りブログ
関東釣行記ブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料) - 釣りブログ

PVアクセスランキング にほんブログ村

デハデハ!!

コメント

  1. taku より:

    いつも楽しく読ませてもらってます
    かなりアジングに興味あるんですがトラウトロッドでも可能でしょうか?
    思わぬ大物が掛かったら怖いですが、、、

    • まこあぱ より:

      takuさん>お疲れ様です。トラウトロッドでも可能は可能と思います。ジグ単とキャロではロッドに要求されるスペックが違う気がしますが、0.6gのジグヘッドを水中で感じられればジグ単は十分できますね~~
      スローテーパーではその部分が厳しいかもしれませんが。。。。。まぁアジは港内ですと基本的に尺サイズ未満が主ですから大丈夫と思います。シーバスやクロダイがかかったら頑張るしかないですね!!!けっこう釣っている人います。

      • taku より:

        近々行ってみます
        まずはお試しで一時期はトラウトにハマっていた時期がありスプーンが大量に残ってるので、、
        シーバス掛かったらドラグゆるゆるで勝負しますww

タイトルとURLをコピーしました