勝浦港

その他

釣具としての折り畳み自転車のススメ

釣具で欲しいもの、、、ありますよねぇ。いくらでもあると思います。でも、ある程度揃ってくると、そんなに欲しい釣具は無くなってくるかと感じています。今は直接的な釣具よりも釣りを快適にできる装備が欲しいですね。車中泊ができる車とかが最高ですが家族がなんというか。。。。かなり悩ましい。そんな悩ましい課題の一つが釣り場での移動方法です。今回のテーマになります。
房総半島釣行記

外房ランガン:鴨川港に勝浦港巡回、ドチャ濁り。

勝浦で釣れなくなりました。(自分だけかもしれませんが。。。)頼みの鴨川はドチャ濁り。こうなると、やれる場所が無く、どうにもなりません。最初は到着が満潮だったので新官でやろうと思いましたが南風強風なので見送りました。外房は浅い所ばかりなのでタイミングが難しいなぁ。。。
房総半島釣行記

外房ランガン:いつもの所で、いつものように。。。。ちょこっと釣れたよ!!

勝浦港は豆アジです。フィッシャリーナも豆アジです。今の時期は季節要因で豆アジしか釣れないのかな??豆アジしか釣れないなら、豆アジ釣りを楽しみましょう!という感じで、ジグヘッドやワームも対豆アジ用を用意しました。まぁそれなりに釣れて楽しめましたよ。デカいのはまたそのうち釣れてくれることでしょう。
房総半島釣行記

外房アジング:勝浦港でも夜中はなかなか釣れない

前回に引き続きチタンティップロッドを引っ提げて勝浦港に行きましたが、ベストポジションにいたのに全然当たりなし。夜(21時~夜半)は明らかに魚が少ない、アジが小さい、って感じです。こうなるとコマセの餌師には全然かなわない。遠方にコマセ巻かれて、そこでアジが足止めされているので、飛距離の面でジグ単のタックルではどうにもなりませんね。キャロやフロートをまじめに考えるときが来ているのかも。
房総半島釣行記

外房アジング:リハビリ釣行(チタンティップデビュー)

コロナ明けのリハビリ釣行です。こういう時は勝浦港がいいんじゃないかなと思っていきましたが、タンク前は南風だとやりづらいです。常夜灯下には何かがいましたがチビカマスのようでした。これがなかなか釣れないので悶絶アジングになります。さて今回も夜中だけの釣行なので朝マズメは見ていませんが、朝マズメは釣れているのかな?時間帯禁止ですけど人は山盛りなんですよね。。。。
房総半島釣行記

勝浦港:終わりかもしれない。。。。

え~~~釣れません。全然釣れませんわ。コマセの人はそれなりに釣れている人もいます。まぁ夜中は全然ですね。今回はカマスもサバも全く見かけませんでした。外道のゲストもいないとなるとかなり厳しいです。水温は13度。そろそろシーズンも終わりなのかもしれません。アジングが終わりとなったらこの時期、他に何が釣れるんですかね?100km走って遠征しているので何か釣りたいものです。
房総半島釣行記

外房ランガン:結局釣れるのは勝浦港しかないのか、

出撃 前週は沼津に行って撃沈した。 あらためて、「知らない場所」では全然釣れないものだな、ということを思い知らされた。 そういう意味ではシーバスか何かの雑誌で「アウェイの洗礼」という企画記事があったと思ったが、あれはあれ...
房総半島釣行記

南房、外房ランガン:バースディは津波警報ともに。。。

出撃。。。 14日の金曜日は北西の風5mほどの予報だったと思った。これならイケるだろうと思っていたのでが、諸般の事情で行けなかった。 翌日15日土曜日の夜の風は北の風3~4m これだろ!ということで出撃する。 北の...
房総半島釣行記

初釣りは勝浦港のアジングでスタート!!比べる必要は全くないが激ウマな方が隣にいて敗北感一杯!

2022年最初の釣り、いわゆる「初釣り」です。今、一番のマイブームであるアジングで勝浦港に行ってきました。快調に釣果を伸ばしていましたが、そこに激ウマアジンガーが隣に登場。まぁ旨い人の釣るペースはスッゴイわ!!当然、その技を盗めるように目を皿のようにしていましたよ。
房総半島釣行記

外房ランガン:年内最後の釣行、南西の強風の中、アジングが出来る所を探しながら癒しのカマス風呂。

釣り納めの年内最後の釣行になります。今回は南西の風、強風に悩まされました。南西の風要素ですと勝浦港タンク前が全然釣りにならなくなってしまいます。どこならアジングができるのか、南西の強風であっても釣れる釣り場はどこなのか?なかなか難しい課題です。釣る人は釣っているんでしょうけどね。
タイトルとURLをコピーしました